塩化アルミニウムを主成分とした制汗剤を試す

三つ目の方法は塩化アルミニウムを主成分としたお薬で手汗を低減して改善するという方法です。塩化アルミニウムのお薬は手のひらの汗腺を覆い、発汗を抑える効果を期待できます。皮膚科でも手に入りますがネットなどで販売されている制汗剤も購入することができるので皮膚科の先生に見てもらわなくても自分で対策を図れるところが魅力です。最もメジャーなものは塩化アルミニウムを高濃度で配合した手汗の対策商品です。ものによって塩化アルミニウムの濃さが違っていて、塩化アルミニウムの濃度が高いお薬ほど制汗作用が期待できますが手肌が繊細な方は痒みや痛みを感じる可能性が高くなります。皮膚科に頼らなくても手に入る塗布薬では有効成分である塩化アルミニウムの配合量が1割〜2割くらいのものまで売られています。

錠剤を服用することで手汗を和らげる商品もあります。

服用するだけで身体全体の汗を抑制することができその効果は手汗の改善にも及びます。

水さえあれば手軽に飲むことができるところが服用するタイプの薬のメリットです。

夏が近づいてくると びちょびちょの手のひらに苦労する人も 多いこととの思います。 私の手は周りも引くほどの汗をかく とっても凄い手掌多汗症なのです。

スマホが反応しなかったりといった 日常に影響を及ぼしたり カラオケのマイクを回す時の 恥ずかしさになったりと、 手汗には当事者にしかわからない ツライ思いがあるのです。手汗の症状を良くする方法は大きく分別すると2種類の方法があります。一つは自律神経を整えて手掌多汗症をコントコールするというものです。

栄養バランスを考えた食事をするなど規則的な習慣を身に着けたり、緊張する場面の場数を踏むなどしてリラックスして手の汗を抑える方法です。

別の方は手術やお薬によって強制的に手汗をコントロールしようとする方法です。

2つ目は手のひらにボトックス注射という処置を行い手のひらの汗を抑える方法です。この方法は半年程度効果が持続し、手のひらからの発汗が改善するとされています。

ボトックス注射も病院で処置をしてもらう必要があり、半年で効果はきれてしまいますが一回に数万円かかるのでそんなに気軽に踏み切ることはできません。

クリームを塗り広げるタイプの手汗専用の制汗剤も3種類ほど販売されています。クリームを塗り広げるタイプのお薬のメリットは出勤前やトイレの後などに手のひらに塗り込むことができるところです。さらに、手肌に優しい制汗剤が多く、手荒れしやすいお子さんや女の方にとっては頼もしい手汗の制汗剤です。

一つは手術によってその費用も手掌多汗症を改善するという手段です。

手掌多汗症が改善される効果は大きいのですが手術する必要があるのでお金の面でも高額になりがちです。

市販されている手汗対策の商品は何種類か存在します。手汗は当事者にしか悩みの深さがわかりません。

症状がない人から見れば大した悩みではないと笑われるかもしれませんが悩んでいる本人からすれば本当に辛いものです。

最近は病院に行かなくてもネット通販などで購入できる制汗剤がいくつもありますので色々と実験してみて自分に合う商品を探してみると良いと思います。

 

「手汗」によい対策方法がないのはどうして? お医者さんに聞いた

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目は * 印がついています