皮膚科で脇の下にある交感神経の遮断手術を検討する

ひとつは皮膚科で脇の下にある交感神経を止めて手汗を止めるという交感神経を遮断して手掌多汗症が改善される効果は大きいのですが手術が必要でその費用も高くつきます。手汗の症状を良くする方法はざっくり2種類の方法があります。体調的な部分を改善して手のひらからの発汗を抑えるというものです。きちんと決まった時間に睡眠をとるなど規則的な習慣を身に着けたり、緊張する場面の場数を踏むなどして自律神経への刺激に慣れて手のひらからの発汗をコントロールしようとする方法です。もう一方は専用のお薬や病院での処置によって強制的に手汗を抑える方法です。錠剤を飲むことによって手汗を抑えるお薬もあります。

飲むと脇や額などの汗も抑えることができ、その効果は手汗の改善にも及びます。

飲み忘れても水分さえあれば手軽に飲むことができるところが錠剤のタイプのお薬の使いやすいところです。

クリームを塗り広げるタイプの手掌多汗症の薬もいくつか販売されています。ハンドクリームタイプの制汗剤のいいところは気づいた時に手軽に手のひらに塗り込むことができることです。

また、手荒れに配慮した商品が多く、肌の荒れやすい女性の方にとっては心強い手汗対策のお薬です。有名どころは塩化アルミニウムをたくさん含まれている手掌多汗症のお薬です。アイテムによって塩化アルミニウムの濃度が異なり、高濃度なものほど手汗を改善することができますがその分手荒れする可能性が高くなります。

ネット通販で購入できるアイテムでは有効成分である塩化アルミニウムの濃度が1割〜2割くらいのものまで売られています。

3つ目の手段は塩化アルミニウムという成分を中心としたお薬でしつこい手汗を治療するという方法です。

塩化アルミニウムのお薬は手のひらの汗腺を覆い、手掌多汗症を抑える効果を期待できます。

皮膚科でも貰えますが市販の商品も何種類かあるので皮膚科の先生に見てもらわなくてもひっそりと対策をすることができる点が魅力です。

ネット通販で購入できる手汗対策のお薬はいくつか種類があります。

ふたつ目は手のひらにボトックス注射というお薬を打って手掌多汗症を手汗をこの方法は半年程度効果が持続し、改善させる方法です。

汗が抑制されるといわれています。

手術と同じように病院で処置をしてもらう必要があり、一度の治療でかかる費用はそこそこの金額がかかるのでなかなか簡単に踏み切ることはできません。手汗は長年びちょびちょの手と生きてきた本人にしかその辛さはわかりません。

他の人からすれば小さなことだと思うでしょうが、当事者からすれば人格形成に影響を及ぼすほどの悩みです。

病院に通うのがメンドウな人でもネットで買えるお薬がたくさん発売されていますので、効果があるか実験してみて自分に合う商品を探してみると良いと思います。梅雨の時期がくると 常に塗れている手のひらに嫌気がさしている人も 多いでしょう。

私のてのひらは生活に支障をきたすほどの スゴイ手汗です。

ボーリングの画面が反応しなかったりといった 生活に悪影響を及ぼしたり ボーリングをしてハイタッチをする時の 心の枷になったりと、 手掌多汗症にはなってみないとわからない 悲しく辛い感情が伴うのです。

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目は * 印がついています