手掌多汗症を改善する方法

手掌多汗症を改善する方法は大きく分別するとふたつの方法があります。一つは自律神経を整えて手のひらからの発汗を抑えるというものです。きちんと決まった時間に睡眠をとるなど生活習慣を改善したり、心を落ち着けることによって緊張を和らげて手の汗を改善しようとするものです。

もうひとつは病院での手術や制汗剤によって無理矢理手汗を抑える方法です。

3つめの手段は塩化アルミニウムを主成分とした塗り薬でしつこい手汗を低減して改善するという方法です。塩化アルミニウムは掌の汗腺を覆い、手汗を抑える効果を得られます。皮膚科でも手に入りますがネットなどで販売されている制汗剤もいくつかあるため、通院しなくても自分で対策を行えることが魅力です。ふたつめは手の平にボトックス注射という注射をして手掌多汗症を手汗をこの方法はおおよそ半年くらい効いて掌からの発汗を抑えられるといわれています。

ボトックス注射も皮膚科で対応してもらう必要があり、一回の注射でかかる治療代はうん万円かかるのでなかなか簡単に処置してもらうことはないでしょう。ハンドクリームタイプの手掌多汗症専用の制汗剤もいくつか売られています。

クリームを塗り広げるタイプのお薬のいいところは気づいた時に手軽に手に塗り込むことができることです。

さらに、手荒れに配慮した制汗剤が多く、手荒れしやすい女性の方にとってはありがたいジャンルの手汗対策の制汗剤です。有名どころは塩化アルミニウムをたくさん含まれている手掌多汗症の制汗剤です。

薬によって塩化アルミニウムの配合量が異なり、高濃度なものほど手汗を改善することができますが手肌が繊細な方は手荒れしてしまう可能性が高くなります。

ネット通販で購入できる塗布薬では塩化アルミニウムの配合量が1割〜2割くらいのものまであります。

インターネットで購入できる手汗対策のお薬はいくつか種類があります。

錠剤を飲むことによって手汗を抑える商品もあります。

【手汗対策のお薬】プロバンサイン~医薬品を併用して手汗を抑える~

服用するだけで背中や脇などの汗も抑制することができその効果は手掌多汗症の改善にも及びます。

水さえあれば服用でき対策できるところが服用するタイプの薬のメリットです。

ひとつめは病院で脇の下にある交感神経を止めて手汗を止めるという手段です。もちろん効果は期待できますが病院での処置が必要で、手術代も高額になりがちです。

夏が近づいてくると びちょびちょの手のひらに苦労する人も 多いこととの思います。 私の手は周りも引くほどの汗をかく とっても凄い手掌多汗症なのです。 スマホが反応しなかったりといった 日常に影響を及ぼしたり カラオケのマイクを回す時の 恥ずかしさになったりと、 手汗には当事者にしかわからない ツライ思いがあるのです。

手掌多汗症は当事者にしかその辛さはわかりません。普通の手の平を持っている人からすればしょうもない事だと一蹴するのでしょうが苦しんでいる当人からすれば人格形成に影響を及ぼすほどの悩みです。

近頃は皮膚科にまで通わなくてもネットで買えるお薬がいくつか発売されていますのでいくつかの制汗剤を試してみて肌に合うものを調べてみると良いのではないかと思います。

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目は * 印がついています