ボトックス注射で手汗を止める

ひとつは皮膚科による手術でその費用も手汗を止めるという選択肢です。

実際に手汗が改善される効果は期待できますが手術する必要があるのでお金の面でも高くつきます。薬を服用することで手汗を軽減させる商品もあります。

服用すると手汗以外の汗も和らげることができその効果は手掌多汗症の改善にも及びます。

いつでも手軽に飲むことができるところが錠剤のタイプのお薬の良いところです。夏が近づいてくると びちょびちょの手のひらに苦労する人も 多いこととの思います。

私の手は周りも引くほどの汗をかく とっても凄い手掌多汗症なのです。 スマホが反応しなかったりといった 日常に影響を及ぼしたり カラオケのマイクを回す時の 恥ずかしさになったりと、 手汗には当事者にしかわからない ツライ思いがあるのです。

ふたつめは手のひらにボトックス注射というお薬を打って手汗を改善させる方法です。

この方法は半年程度効果が持続し、抑える方法です。発汗が改善するといわれています。交感神経を遮る手術と同様に皮膚科で対応してもらう必要があり、一回の注射の料金は数万円かかるので余程のお金持ちでも無い限り気軽に処置してもらうことはないでしょう。

クリームを塗り広げるタイプの手汗対策商品も3種類ほど売られています。

クリームを塗り広げるタイプのお薬の魅力は出勤前やトイレの後などに手のひらに使うことができることです。

また、手肌に優しい制汗剤が多く、肌の荒れやすい女性にとってはありがたい種類の手汗のお薬です。

皮膚科に頼らなくても手に入る手汗対策のアイテムはいくつか種類があります。最もメジャーなものは塩化アルミニウムを中心とした手汗の制汗剤です。

ものによって塩化アルミニウムの配合量が異なり、塩化アルミニウムの濃度が高いお薬ほど手汗を改善することができますが手肌が繊細な方は手荒れしてしまう可能性が高くなります。

市販されている制汗剤では有効成分である塩化アルミニウムの濃さが10%から20%程度のものまで販売されています。

手汗を抑えるための対策は大きく分別すると2種類の方法があります。

体調的な部分を改善して手汗を改善させるというものです。

食べ物や寝る時間など健康的な生活を送ったり、深呼吸などによって緊張を和らげて掌の発汗を抑える方法です。

他方は手術やお薬によって強制的に手掌多汗症を改善しようとするものです。

最後に紹介するのは塩化アルミニウムを中心とした塗り薬で手汗を治療するという手段です。この塗布薬は手のひらの汗腺を覆い、手汗を抑える効果を期待できます。

皮膚科でも処方されますが市販の商品も購入することができるので通院しなくてもこっそりと手汗の改善をすることができる点が魅力です。

手汗は悩んでいる本人にしか悩みの深さがわかりません。他の人からすれば大した悩みではないと笑われるかもしれませんが当事者からすれば人を嫌いになるほど悩ましいものです。

病院に通うのがメンドウな人でもネット通販などで購入できる制汗剤が数多く売られていますので効果があるか実験してみて肌に合うものを調べてみると良いのではないでしょうか。

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目は * 印がついています